クレジットカード

リボ払いの恐怖~借金であることを把握しよう~

リボ払い 恐怖 借金

ホッシー
ホッシー
皆さんはクレジットカードの支払い方式として、「リボ払い」というものを使用したことがありますか?リボ払いは、本質をしっかりと理解して利用しないと危険なため、まとめてみました

リボ払いの概要

 クレジットカードを利用している方は知っているかと思いますが、リボ払いという支払い方法があります。リボは「リボルビング(revolving)」の略であり、回転するという意味があります。カードの分割払いだと、支払い金額が大きくなると1回に支払う額が大きくなっていきますが、リボ払いでは利用金額に限らず毎月の支払金額が一定になるという特徴があります。カード会社のホームページで以下のような謳い文句を見たことがある人はいるのではないでしょうか。

  • 月々のお支払いがほぼ一定だから安心してお買い物を楽しめる。
  • 月々の負担を軽くできる。
  • 毎月のお支払金額を何度でも変更できる便利なお支払方法   等々

 文字だけを見るととても魅力的な支払方法のように感じますが、リボ払いは仕組みをしっかりと理解して使わないと借金地獄まっしぐらです…。私も昔あまりよく分かっていなかったときに、1か月でカードを使いすぎてしまって支払いを分散させるためにあまり考えずにリボ払いを使ってしまったことがあります。これからは私は絶対に使いません

 リボ払いを考えずに使ってしまっている人は、以下の内容を見ていただき使うべきかをよく考えてみて欲しいと思います。

リボ払いの恐怖 ~借金地獄への入り口!?~

借金であることを把握しよう

 カード会社などのホームページでは、上述したようなリボ払いのおすすめな特徴が強調されていて、その特徴記載欄の欄外等にだいたい以下のような記載があるはずです。

 お支払い金額は、リボお支払いコース金額と前月末のリボルビング残高に手数料率(実質年率15.00%)を乗じた金額になります。

 15%というのは金融機関により異なるかもしれませんが、これぐらいの年利の手数料を毎月支払わないといけないことになります。高いですよね~。高いと感じられない人は大変なことになる可能性があります。要は借金をして分割して返済し、毎回利息(=手数料分)を取られていることと同じ意味になるわけです。お手軽に使える分、よく考えないと気づいたらとてつもない手数料を取られることになってしまい借金地獄に陥るようなこともあり得ます。

 試しに、楽天カードのショッピングリボ払い返済シミュレーションでどのような支払になるのかを試してみましょう。例えば、50万円のクレジットカード利用をした場合、一括では払うのが厳しいので毎月の支払いを1万円のリボ払いにしたとしてシミュレーションしてみます。50万使っておいて、ここまで極端な設定をする人はいないかもしれませんが、分かりやすくするために以下の設定としています。

リボ払い シミュレーション条件 楽天 例

 以下が、シミュレーションの結果です。「お支払い手数料」の部分を見ると、50万円の購入に対して約16万円も手数料をとられています。元本+手数料を50回(約4年強)もの長い期間をかけて支払うことになります。4年間借金返済をしているようなものです。問題があると感じないでしょうか?

リボ払い シミュレーション結果 楽天 例

金融機関は手数料ハンターであることを念頭におくべき

 カード会社、銀行等の金融機関は手数料により収益を得ています。つまり、こういった機関や金融のプロがおすすめとして提案してくるものは、彼らにとっては手数料がとれて利益になるものがほとんどで、利用者側には不利なケースが大半です。リボ払いに限らず、そういったことを頭の片隅に置いておくべきであると思います。

 色々な金融商品、サービスの利用を考えるときには、しっかりとしたシミュレーションをした上で、利用するに値する意味があるのかどうかをよく考えるようにするべきです。

まとめ

 リボ払いについての概要とその怖さについてまとめてみました。正直私の意見としてはリボ払いを利用することはおすすめしません。

 昔の私のようにカードを使いすぎて一時的な対応策として利用するとしたとしても、その本質を理解し、負担が許容範囲であると判断できるのであれば使用してもよいかと思います。リボ払いの説明でおすすめされるような特徴を鵜呑みにするのではなく、しっかりと理解したうえで利用するかどうかを判断していくようにしましょう。