仕事

二次会や嫌な飲み会の断り方 ~自分の大事なことは何か~

二次会 飲み会 断り方
ホッシー

皆さんは会社の飲み会に出席していますか?二次会や嫌な飲み会に出席したくないのに出席してしまっている人も多いのではないでしょうか。私の飲み会に対する考えや二次会、嫌な飲み会の断り方についてご紹介します。

二次会や嫌な飲み会は断りましょう

皆さんは、飲み会は好きでしょうか?私は、お酒はどちらかというと弱いので、飲み会が大好きというわけではありません。

年末年始には、忘年会や新年会がある場合も多いですが人によっては「飲み会行きたくないけど、断り方が分からない」「二次会まではいきたくないなぁ」「断ったらどう思われるだろう」と思っている人が結構多いのではないでしょうか。

結論から言うと自分のためにならない飲み会は断る方がよいです。私は特に、二次会や嫌な飲み会はきっぱり断るようにしています。

飲み会を断りたいけれど、断り方が分からないという方向けに、私の飲み会に対する考え方や飲み会の断り方についてご紹介します。一つの考え方として参考にしてみていただければと思います。

飲み会出席を決める基準

自分のためになりそうな飲み会か

私が飲み会への出席を判断するときの基準としては以下の二つです。

  1. 自分のためになりそうか
  2. 人数は少人数か(4名程度)

私が飲み会に出席するかどうかの一つ目の基準は、自分のためになりそうかどうかです。

特に社外の人や初めて会う人、知らない人がいる場合は、自分にない考え方や新しい知識を得られる可能性があるので積極的に出席するようにしています。

上司の「飲みに行くぞ!」的な飲みは会社で身近な人のため、あまり有益な情報は得られない上に、愚痴大会になることが多いのでできる限り避けた方がよいでしょう。

二つ目は少人数(4名程度)かどうかです。私の経験上、新年会や忘年会等で人数が多くなると特定の人だけが話しているようなことが多くなります。

飲み会で有意義な時間を過ごすためには、それぞれの人が自分の意見を言えるようにするべきです。そのためには誰が多く話しているのか、話していない人がいないかといったことを把握しやすい4名程度ぐらいで飲み会に行くのが最もよいと思っています。

二次会や嫌な飲み会は断る

私も新入社員の頃は当たり前のように上司や先輩に誘われて二次会や三次会に行っていました。しかし今は二次会以降は明確に断るようにしています。

【二次会以降は断る理由】

  • 二次会以降は酔っていてちゃんとした話にならないことが多い
  • 睡眠時間を削るのは大きなデメリット
  • 他の勉強・読書等に時間をあてる方が有益

特に睡眠時間を削るのは一番のデメリットです。世の中のできる人はちゃんと睡眠をとっています。能力を日中に十分発揮するためにも明確に二次会以降は断りましょう。

また、部長や課長等の上司からの誘いは社会人としては断りづらいかもしれません。しかし、自分のためにならないと思うようであればきっぱりと断りましょう。

私は部長からのお誘いでもきっぱり断りますが、別にそれで仕事上の評価が下がるようなこともありません。飲み会を断ったぐらいで評価が下がるかもと気にするのであれば、その前に日常で仕事をしっかりとこなし、コミュニケーションをしっかりとることに注力すべきです。

二次会や嫌な飲み会の断り方

二次会や嫌な飲み会の断り方としては以下につきると思っています。

  • 中途半端な対応をするのではなく、はっきりと断りましょう。
  • 飲み会を断るキャラクターを作ってしまいましょう

昔の私は何か理由をつけないとと色々と断り方を考えていた時期がありました。

しかし、結局のところ断り方としては「二次会は遠慮して帰ります。」というようにきっぱりと言って「飲み会を断るキャラクターを作ること」が一番有効でした。

勘違いしないでほしいのは、私は飲み会に全くいかないわけでも、飲み会が大嫌いなわけでもありません。

「何か勉強がしたい」とか「他にどうしても優先したい大事なことがある」とか以外でかつ「自分のためになるか」といった自分の基準を満たしていれば出席します。ただし、二次会はきっぱり断ります。

要は、その時に自分が何を大事にするのかを最も大事にして判断します。

自分の考えに従って行動していると、周りが徐々に「そういう考え方の人だ」と理解してくれるものです。そんなことで悪く言うような人の話は気にしないようにしましょう。

まとめ ~二次会や嫌な飲み会は断りましょう~

会社の飲み会に関する私の考え方と、二次会や嫌な飲み会の断り方についてご紹介してきました。一つの考え方として参考にしてみていただければと思います。

人によって考え方が違うと思いますので、私の考え方が気に入らない人もいると思いますが、その考え方もあなたにとっては正しいのだと思います。

自分の考えをしっかり持って、他人の意見に流されずに判断することが、会社の飲み会に対する正しい付き合い方なのだと私は思います。

(2020/5) 最近流行を見せているオンライン飲み会の断り方についてもまとめてみました。

オンライン飲み会の断り方 ~言い訳はない方がよい~