資産運用

NISA口座の金融機関変更方法と注意点

NISA口座 変更
ホッシー

私は一度NISA口座を作ってから、別の金融機関へ変更する手続きをしました。手続きが少し面倒であったのでまとめておこうと思います。

NISA口座の金融機関変更方法

NISAやつみたてNISAの専用口座は、一人につき一つしか作りことができません。私の場合、tsumiki証券でつみたてNISAによる積立を始めたのですが、楽天証券に変更したくなったため変更を行いました。

NISA口座を別の金融機関に変更したときの手順についてまとめます。以下手順は証券会社に依存する手順ではありませんので、任意の証券会社間の変更で同様です。

【NISA口座の変更手順】

  1. 変更前の金融機関に電話連絡し、NISAの金融機関を変更したい旨を伝える
  2. 変更前の金融機関から「金融商品取引業者変更届出書」が届くので必要事項を記入し、変更前の金融機関に提出する
  3. 変更前の金融機関から 「勘定廃止通知書」が届くので次の手続きまで保管
  4. 変更後の金融機関で、NISA口座の申込(他金融機関からの変更)を行う
  5. 変更後の金融機関から 「非課税口座開設届出書 」が届くので必要事項を記入し③の「勘定廃止通知書」と一緒に変更後の金融機関に提出
  6. 変更後の金融機関が税務署に申請をし、承認後にNISA口座が開設される

変更にあたっての注意点

NISA口座変更にあたっての注意点として以下のような点があげられます。

  1. 年内に既に積み立てを行っている場合、年内は金融機関を変更することができない。(申請しても翌年からとなる)
  2. 積み立てをしていない場合は年内変更可能だが、9/30までに変更後の金融機関での手続きが完了する必要がある
  3. 翌年の変更申請については、10/1以降に実施する必要がある

まとめ

NISA口座の金融機関を変更したい場合、書類手続きが面倒です。

これからNISA口座を開設しようとする場合には、あらかじめどの証券会社でNISA口座を開設するかよく検討することをおすすめします。

tsumiki証券と楽天証券の比較はこちら

クレジットカードで投資信託 ~tsumiki証券と楽天証券~