資産運用

自分の資産運用方針について考えてみた!

資産運用方針

ホッシー
ホッシー
自分の資産運用方針を考えてみました。頭の整理のために記事しようと思います。

私の資産運用方針

 私のこれからの資産運用方針を記載していきます。資産運用については、大きな方針をコロコロと変えないことが重要だと考えているため、頻繁には変えないようにしようと思っています。ただし、まだまだ未熟なので問題がある点については少しずつ見直しをかけていこうと思います。

 資産運用の概要について記載してみた記事については以下をご覧ください。

 ここでは、以下の項目について整理してみようと思います。

  • 生活防衛資金をどうするか。
  • 何を中心に運用をしていくか。
  • 全体の運用の構成はどうするか。

生活防衛資金は生活費の2年分をためる

 生活防衛資金については、私はまだちゃんと貯蓄できていないのが現状です。そのため、以下の方式で生活防衛資金をためつつ、資産運用をしていく方式をとりたいと思います。

  • 給与のうち、毎月一定額を生活防衛資金として別の口座に自動的に入れる
  • “給与”-”生活防衛資金”がひと月の生活予算として計画を立て、余剰資金を資産運用の元本とする

 私の会社では、給与振り込み口座を2つ設定できるため、一つはメインの銀行口座へ、もう一つは生活防衛資金用の口座へ入れるようにしています。生活費はメインの銀行口座から考えて支出するので、生活防衛資金は守られる形になります。

 生活防衛資金を確保していくためにも、家計の見直しは重要です。家計の見直しについて大事だと思うことをまとめてみた以下の記事もあわせてご覧ください。

運用の中心は投資信託(インデックス投資)の積立投資

 私のこれからの資産運用は、投資信託(特にインデックス投資)の積立投資を中心にした ミドルリスク・ミドルリターンの運用を考えています。

 インデックス投資の特徴などはまた別途まとめたいと思いますが、信託報酬のなるべく低いインデックスファンドを中心に選択し、積立による時間的分散によりリスクを抑えつつ運用していきたいと思います。

 積立投資の特徴について整理してみた記事は以下をご覧ください。

https://nkhn37.net/accumulation-investment-feature

 インデックスファンドの選び方についても私なりの初心者におすすめな方法(考え方)について記載しています。

資産運用の構成

 元本としては、生活防衛資金を除いたメインの銀行口座から生活費(家賃、光熱費等)を抜いたものにします。運用にて構成するものについては、以下を考えています。

  • 投資信託(積立NISA&特定口座)
  • 自社持株積立
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用指図
  • ネット銀行の高金利普通預金
  • その他(仮想通貨)

投資信託(積立NISA&特定口座)

 積立NISAを利用し、投資信託を毎月積立を行っていきたいと思います。積立NISAは年間非課税上限が40万円なので、1か月あたりの投資金額は3万3,333円が上限になります。

 それを超える積立分については、特定口座(源泉徴収あり)の口座にて積立を行っていきたいと思います。

 積立NISAの投資を行う場合、クレジットカードで投資ができる証券会社がおすすめです。私がこれまでに使ったことのある証券会社を以下で紹介・比較しています。

自社株積立

 私の会社は、持ち株会があるので活用をしています。毎月拠出額のX%(会社情報なので秘密)分の奨励金が上乗せされて積立できるので実はお得だったりします。その他の会社の個別株は今のところ購入する予定はないので、自社株をコツコツ積み立てていきたいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用指図者

 個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、自分で作る年金制度のことで、積立金額が所得控除の対象となったり、利益が非課税になったりとお得な制度です。

 実は、前職の企業は企業型確定拠出年金の制度があったのですが、現職の企業ではないため、転職の際に個人型確定拠出年金に移管し、前職で蓄積した資産の運用指図者(追加での積立は行わず、運用の指示のみする者)となっています。

 追加で積立するかは正直悩んでいます。現状はとりあえず運用支持(定期的なリバランス)のみで対応していくつもりです。

ネット銀行の高金利普通預金

 リスクの少ない資産としては、定期預金や個人向け国債などがありますが、資金の柔軟な取り出しができることを考慮して、高金利なネット銀行の普通預金を使用しようかと考えています。私が使用しているおすすめのネット銀行などについては、また別の機会にまとめられたらなと思います。

その他(仮想通貨)

 2017年~2018年に仮想通貨がはやったことを覚えていらっしゃるでしょうか。実はその時、仮想通貨を少し購入したりしていまいた。今では追加での購入はほぼしていません。有名なコインチェックの事件についても、実は影響を受けていたりします。

 仮想通貨は、技術的背景としてブロックチェーンという技術を利用しており、ブロックチェーンの技術は将来的に重要なものになっていくのではないかと個人的には思っています。また、仮想通貨については、一度バブル崩壊のような形になりましたが、ITバブルに似ている面もあり今後伸びる可能性もあると考えているため、宝くじ感覚で少し運用しようかなぁと思っています。

まとめ

 今後の私自身の資産運用の考え方について、まとめてみました。

  • 生活防衛資金は、2年分を資産運用と並行して貯金していく。
  • 投資については投資信託を中心として、積立NISAを活用していく。
  • iDeCoはとりあえず運用指図者として管理する。
  • 安全な資産としては、高金利のネット銀行を活用する。
  • 仮想通貨は宝くじ感覚で楽しむ。

ホッシー
ホッシー
今回は大まかな考え方を書きましたが、自分の運用に関する詳細については今後少しずつ記事にしていけたらよいかなと思います。