運動

朝ジョギングと夜ジョギングの効果を比較 ~自分に合った方法を選ぼう~

朝ジョギング 夜ジョギング 効果 比較
ホッシー

ジョギングをされている方は、朝にジョギングするのと夜にジョギングするのはどちらがよいのか気になったことがあるのではないでしょうか。

朝ジョギングと夜ジョギングの効果の違いやそれぞれの注意点などについてまとめます。

朝ジョギングと夜ジョギングの違いを把握しよう

朝にジョギングをするのと夜にジョギングをするのでは、効果が変わってきます。また、注意すべき点も異なってきます。

私は個人的には朝ジョギングが好きなのですが、人それぞれで自分に合った方法でジョギングをするのがよいと思います。

皆さんが朝ジョギングにするか夜ジョギングにするかを考える参考になるように、朝ジョギングと夜ジョギングの効果や注意点などについてまとめていきます

朝ジョギングの効果と注意点

朝ジョギングの効果

【朝ジョギングの効果】

  • 朝は脂肪の燃焼効率がよくダイエット効果が高い
  • 体温があがることで日中の代謝が向上し、日中の集中力が上がる
  • セロトニンが分泌され精神安定効果がある

朝は脂肪の燃焼効率がよくダイエット効果が高い

ジョギングをし始めてから「20分以上」走ると脂肪が燃えだすと聞いたことがないでしょうか。

これは運動開始後は糖質が優先的にエネルギー源になり、脂肪が燃えだすのに20分程度かかると言われているのが理由です。なお、実際には運動直後から脂肪は燃えていますが、糖質を上回るのに20分以上かかるというのが正しい解釈のようです。

朝ジョギングでは、糖質が枯渇している状態であるため、運動をするとはじめから脂肪が燃焼しやすくダイエット効果が高いと言われています。

体温があがることで日中の代謝が向上し、日中の集中力が上がる

朝ジョギングをすると、体温を上げることができます。

これにより体の活動のスイッチが入るため、日中の代謝が向上します。そのため、朝ジョギングをしたときの方が、日中の細かな動作でも脂肪等の燃焼効果があがると言われています。

また、自身の経験として実感したことなのですが、朝ジョギングをすると脳の血流もよくなるのか日中の仕事の効率が上がります。ただし、あんまり無理して走ると逆に疲れて眠くなってしまうので気を付けましょう。

セロトニンが分泌され精神安定効果がある

朝ジョギングをすると、太陽光をたくさん浴びることができます。

太陽光を浴びると脳内で「セロトニン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。セロトニンは別名「幸せホルモン」ともいわれており、分泌されることでストレスを解消してくれます。

抗うつ剤の中にはセロトニンを増やすものもあるぐらいなのですが、朝ジョギングをすることで自然とうつになりにくい心の健康を維持することができます。

朝ジョギングの注意点

  • 水分をしっかりとってから走るようにする
  • 血圧等に問題がある人は起きてすぐの運動は避けた方がよい
  • 体が動きにくいのでケガをしないように十分に動的ストレッチをする

水分をしっかりととってから走るようにする

朝起きてすぐは、寝ているときに汗を想像以上にかいているため、脱水症状にならないように十分に注意する必要があります。

最低でもコップ1杯の水を飲んだ上で、ペットボトルの水などを持参しながら走るのがよいでしょう。また、ただの水では塩分不足になってしまうこともあるため塩飴も持って走るのがおすすめです。

塩分補給には以下の塩熱サプリや塩熱飴がとてもおすすめです。

血圧等に問題がある人は起きてすぐの運動は避けた方がよい

朝起きてすぐの運動は、高血圧などの問題がある方は注意してください。

ジョギングをすると心拍数を上げることになり、高血圧の方は脳卒中や心筋梗塞などの危険も出てきてしまうため、十分に注意しましょう。

朝ジョギングをするにしても、起きてすぐは避けて、しっかりとストレッチなどで体温を温めてから無理のないペースでゆっくりとジョギングするようにしましょう。

体が動きにくいのでケガをしないように十分に動的ストレッチをする

朝起きてすぐは体が硬くなってしまっているため、急激な運動をするとケガをしやすくなってしまいます。そのため、十分にストレッチをしてからジョギングを始めるようにしましょう。

ストレッチにも、静的ストレッチと動的ストレッチがあります。

よくストレッチで想像されるのは静的ストレッチで、ゆっくりと筋を伸ばすストレッチです。一方、動的ストレッチは、動作の中で筋を温めてほぐすようなストレッチです。ラジオ体操は動的ストレッチの良い例です。

ジョギング前には、静的ストレッチをしすぎると逆に筋肉のパフォーマンスが落ちると言われていますので、動的ストレッチで筋肉をほぐしてからジョギングするようにしましょう。

夜ジョギングの効果と注意点

夜ジョギングの効果

【夜ジョギングの効果】

  • 朝ジョギングに比べて夜ジョギングは体が動かしやすい
  • 適度な疲れでぐっすりと眠ることができる

朝ジョギングに比べて夜ジョギングは体が動かしやすい

日中で仕事などで体を動かしているため、朝ジョギングに比べて夜ジョギングの方が体が動かしやすいという特徴があります。

私も基本は朝ジョギングなのですが、たまに夜ジョギングをすると朝と同じような感覚で走っているのにタイムがだいぶ上がるということを経験したことがあります。

朝ジョギングに比べると体が動かしやすいのでケガをするリスクについても低くなります。ただし、ストレッチなどは同様にしっかりしてからジョギングするようにしましょう。

適度な疲れでぐっすり眠ることができる

夜ジョギングをすると、程よい適度な疲れを感じることができます。そのため、夜ぐっすりと眠ることができるというメリットがあります。

「走って」「ご飯を食べて」「寝る」というのは、とても気持ちがよいことですよ。

夜ジョギングの注意点

  • 暗いので視認性の高いウェアを着るようにしましょう
  • (特に女性は)人があまりいない場所は走らないように十分に注意しましょう
  • 寝る直前のジョギングは避けましょう

暗いので視認性の高いウェアを着るようにしましょう

夜は、朝と比べて暗いというのが注意点としてあげられます。自分が走っていることに気づかれないと自動車にひかれてしまう等の事故にあうリスクがあります。

そのため、反射材が付いたウェアや明るい色のウェアを着るなどして、周りから自分を認識してもらえるような工夫をしましょう。

(特に女性は)人があまりいない場所は走らないように十分に注意しましょう

夜は、人があまりいない場所は走らないようにしましょう。特に女性は自分の身を守ることを考えて、十分に注意するようにしましょう。

交通量が多い通りや、人が多い公園などでジョギングするように意識するのがよいでしょう。

寝る直前のジョギングは避けましょう

夜ジョギングのメリットとして、適度な疲れでぐっすり眠れる点をあげましたが、寝る直前のジョギングは避けましょう。

運動をすると、交感神経が優位になります。要は興奮状態になります。

夜寝るためには副交感神経が優位になる必要がありますので寝る直前にジョギングをして交感神経を優位にしてしまうと、なかなか寝付けないことになってしまいます。

そのため、夜ジョギングをする際には寝る3時間前ぐらいまでに走り終わるぐらいの時間でジョギングするのがおすすめです。

ジョギングをするモチベーション

朝ジョギングと夜ジョギングの違いをまとめてきました。

結局のところ、それぞれの違いを理解した上で自分の都合の良い方法でジョギングを継続するのが最もよいことなのかなと思います。

私がジョギングを始めたきっかけ、そしてジョギングを続けるモチベーションとしては運動で脳を鍛えることができることを知ったことがあげられます。

運動が脳を鍛えることについてまとめてみましたので、こちらもご覧いただければと思います。

まとめ ~朝ジョギングと夜ジョギングの効果を把握して自分のあった方法を選びましょう~

朝ジョギングと夜ジョギングの効果や注意点についてまとめてきました。

皆さんの目的などを考えて、自分の続けやすい方法でジョギングをするのがよいでしょう。

私の場合は、朝5時前ぐらいに起きて、朝食前の5時30分~6時30分ぐらいの間で走るのが一番生活にあっています。

ジョギングは脳を鍛える効果がある事も分かっていますので、皆さんも自分のジョギングのやりやすい方法を見つけて、ぜひ体を動かしてみてください!