暗号資産

仮想通貨で初心者が絶対知っておくべきこと ~ホットウォレットとコールドウォレット~

ホッシー
ホッシー
仮想通貨は2017~2018年頃とても流行りましたよね。私もそのころ仮想通貨を購入して持っていました。仮想通貨の初心者が絶対理解しておかないといけないことについてまとめます。

仮想通貨とは何か?

 皆さんが日常的に目にする「円」や「ドル」は、国が発行し価値を保証しているものですよね。仮想通貨とは、特定の国家や組織が管理するのではなくインターネット上に分散化された台帳により管理され、暗号化されているデジタル通貨のことを言います。暗号通貨、暗号資産という呼び方の方が実態にはあっているかと思いますが、仮想通貨の方が耳なじみがあるのではないでしょうか。

 日本でも、2017年~2018年に仮想通貨の流行りがありましたが、2018年に発生した有名なコインチェック(Coincheck)のハッキング事件をきっかけにバブルが崩壊して現在に至っている状況です。仮想通貨が怖いものと思われている方が多いのではないでしょうか。

 私が投資(仮想通貨は投機とよく言われますが)関連に興味を持ったのは実は仮想通貨がきっかけでした。今思うとかなりリスクの高いところから手を出してしまったなぁと思います。この記事では、初心者が絶対に理解しておかないといけないと思うことについて記載したいと思います。結論としては、ホットウォレットとコールドウォレットをしっかりと理解して自分の資産を扱いましょうということです。以降では、仮想通貨の概要から含めて説明していきます。

仮想通貨の種類はどんなものがあるの?

 仮想通貨として最も有名なのはビットコイン(Bitcoin)です。しかし、実は仮想通貨には他にも様々な種類のものがあります。仮想通貨には、色々な種類があるのですが、主なものとしては以下のようなものがあります。

仮想通貨の種類主な仮想通貨特徴
通貨系・Bitcoin(BTC)
・BitCoin Cash(BCH)
・LiteCoin(LTC)
決済に使われることを想定した仮想通貨
プラットフォーム系・Ethereum(ETH)
・EOS(EOS)
・NEM(XEM)
・Cardano(ADA)
・TRON(TRX)
アプリケーションの実装や契約の記録(スマートコントラクト)等を実現できるプラットフォーム上で扱う仮想通貨
匿名通貨系・Monero(XMR)
・ZCash(ZEC)
・Dash(DASH)
取引を秘匿化することができる仮想通貨
(悪用される恐れがあると言われている)
ステーブルコイン系・Tether(USDT)法定通貨と連動するような値動きをする仮想通貨

 ()括弧内は、仮想通貨を表す単位と理解してください。例えば1ビットコインであれば1BTCというように表現します。他にもいろいろな通貨、分類がありますので網羅はできませんが、上記のように用途によって複数の仮想通貨があることが分かっていただければ十分です。

 仮想通貨の種類、取引価格、取引量などについては、コインマーケットキャップ(Coinmarketcap)を確認していただくと、どの通貨がどれぐらいの市場規模なのかを確認することができます。

仮想通貨を支える技術(ブロックチェーン)

 仮想通貨は、土台となる技術としてブロックチェーンと呼ばれる技術が用いられています。ブロックチェーンの詳細な説明は避けますが、以下のような特徴を持っています。

  • ブロックと呼ばれる取引を記録されたものを鎖上につなげて台帳を作成
  • 世界中の参加者のコンピュータに全く同じ台帳がコピーされており、共有・誰でも閲覧ができるため取引の透明性がある
  • 取引承認にはマイニングと呼ばれる膨大な計算処理が必要なため、改ざんすることは実質的に不可能

 つまりは、取引台帳を世界中のみんなで保有して、不正がないかをみんなのコンピュータで検証できるようにした仕組みと思ってもらえればと思います。

仮想通貨バブルを崩壊させたハッキング事件

 仮想通貨は、2017年~2018年に日本でもとても流行り、ビットコインの価格も1BTCで200万以上と暴騰をしました。芸能人の出川さんが兄弟役の一人二役でCMに出られていたコインチェック(CoinCheck)という取引所のCMを覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

 取引所とは、仮想通貨の売買をすることができるインターネット上のサイトです。取引所は沢山ありますが、その中のコインチェックにて2018年1月に不正アクセスによるハッキングが発生しました。NEM(XEM)と呼ばれる仮想通貨が不正流出し、当時の仮想通貨価格で換算すると580億円もの大金に相当する額の被害がありました。

 当時、私も小額のNEMをコインチェックで保有しておりましたが、ハッキング後は取引所からNEMを移動させることができなくなり、コインチェックに保有していた他の通貨(Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)等)についても出金することができなくなったため、とてもヒヤヒヤした記憶があります。幸いなことに最終的にはNEMの流出分を日本円にて返金してもらうことができ、その他の通貨も出金できるようになったため、何とか大きな被害にはなりませんでした。

 その後、仮想通貨バブルともいわれていた仮想通貨の価格は一気に暴落し、現在は上昇や下落を繰り返して多少は回復してきているものの、当時のレベルには程遠い状況になっています。

ホッシー
ホッシー
ハッキングがあった時は、本当に焦りました…

初心者が絶対把握しておくべきこと(ホットウォレットとコールドウォレット)

ハッキングは仮想通貨が悪いわけではない。

 上記のようなハッキング事件があったため、仮想通貨は危険なものと考えられている方もいるのではないかと思いますが、ハッキングについては仮想通貨そのものが悪いということはほとんどありません。

 なぜなら、上述したブロックチェーンという技術を使っており、改ざんすることは現実的に不可能だからです。では、なぜハッキングが発生したのでしょうか。その部分をしっかりと把握しておくことで仮想通貨を可能な限り安全に取り扱うことができるようになります。

ホットウォレットとコールドウォレット

 仮想通貨を扱う上で、特に初心者の方はホットウォレットとコールドウォレットというものがあることを理解しておくことが重要です。

 ウォレットとは、その名の通り仮想通貨を入れておく入れ物であると思ってください。ホットウォレットとは、ネットワーク上に接続された状態で管理されている仮想通貨で、コールドウォレットはネットワークから切り離された状態で管理されている仮想通貨のことを言います。イメージとしては、銀行と対比させて理解すると分かりやすいかと思います。我々が銀行窓口に行ったとき、取引に柔軟に応えられるように銀行窓口やATMに一定額のお金が確保されていることから、迅速にお金の取引ができますよね。しかし、実際には、ほとんどの大金は厳重な金庫に保管されています。仮想通貨も同様に考えることができ、ホットウォレット=銀行窓口、コールドウォレット=金庫ととらえると理解しやすいかと思います。

ホットウォレットとコールドウォレット

 銀行に強盗が入っても窓口に確保されているお金が盗まれるだけで、金庫の中の分までというのはなかなかないかと思います。仮想通貨のハッキングは、取引所がホットウォレットとコールドウォレットをしっかり分けておらず、ほとんどをホットウォレットに入れていたためハッキング(=強盗)されてしまったという状況なのです。すべての取引所がホットウォレットにだけ入れているわけではなく、ホットウォレットとコールドウォレットをしっかり区別して管理されている取引所もありますので誤解しないようにしてください。ただし、取引所がちゃんウォレットを分けていると言っても、実態はこちらからは分からないため、仮想通貨を取引所に置きっぱなしにすることは絶対にしないで、以下のようにコールドウォレットで管理するようにしてください。

大事な資産はコールドウォレットに保管しよう。

 仮想通貨の初心者の方は、まず仮想通貨の保管方法としてホットウォレットとコールドウォレットというものがあることを理解するようにしましょう。すぐに取引を行わない仮想通貨については、取引所に置いておくのではなくコールドウォレットに移動する必要があります。コールドウォレットとしては以下のようなものがあります。

  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

 ハードウェアウォレットは、USBなどでPCに接続できる別媒体にて暗号化のキーとなるものを保管しておき、取引の際には、PCにハードウェアウォレットを接続した状態で承認をしないと取引ができないようになっています。ペーパーウォレットは、紙にQRコードで暗号化キーを出力・保管しておき、取引の際にはそれを読み取ることで取引できるようになります。いずれも、普段の管理では、インターネットに全く接続されていない状態のため、安全に仮想通貨の管理ができます。 

 コールドウォレットとしては、ハードウェアウォレットがおすすめです。有名なものにTrezor(トレザー)やLedger(レジャー)があります。取り扱う仮想通貨の種類によっては、対応できるものとできないものがあるため、通貨ごとによく調べるようにしてみてください。また、正規販売ルートで購入しないと、通貨を抜き取られる危険があるので注意しましょう。

まとめ

 仮想通貨を扱うにあたって、初心者が絶対に理解しておかないといけないホットウォレットとコールドウォレットについて記載しました。仮想通貨を扱う場合は、最低限絶対に以下は意識するようにしましょう。

  • 仮想通貨は取引所に置きっぱなしにしないようにしましょう
  • 取引をしない分の仮想通貨は、コールドウォレット(ハードウェアウォレットやペーパーウォレット)に移しておくようにしましょう