投資信託

クレジットカードで投資信託 ~楽天証券がおすすめ~

ホッシー

私はクレジットカードで投資信託の積立投資を行っています。クレジットカードで投資信託を買いつつポイントをためたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカードで投資信託を購入する場合、楽天証券がおすすめなためご紹介します。

クレジットカードで投資信託を購入

投資信託を購入するときに「クレジットカードで支払ってポイントをためられないかな?」と思ったことはないでしょうか。

私はクレジットカードを用いて投資信託の積立投資を行っています。クレジットカードのポイントを貯めつつ、クレジットカードで投資信託の積立ができるのでとても便利です。

クレジットカードで投資信託を購入する場合は、楽天証券がおすすめです。

クレジットカードを使ってポイントをためつつ投資信託を購入したいと考えている方に向けて楽天証券がおすすめな点についてご紹介します。

おすすめは楽天証券

楽天証券を使うメリット

楽天証券は、株式、投資信託など数多くの商品を扱っている有数の証券会社です。楽天証券での投資信託購入は、楽天カードをメインカードとして使用している人には特におすすめします。

【楽天証券を使うメリット】

  1. 業界屈指の取り扱い本数(2651本:2020/03/28 確認時点)
  2. 信託報酬が最安値のインデックスファンドも積極的に取り扱いがされる
  3. 楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント(1%)たまる
  4. 楽天スーパーポイントで投資商品を購入可能

楽天証券は投資信託の取り扱い本数としては、業界屈指の取り扱い本数を誇っています。また、信託報酬が最安値のインデックスファンド等も積極に取り扱われるため、幅広い選択肢から投資信託を選ぶことができます。

また、楽天スーパーポイントが投資金額に対して付与され、楽天スーパーポイントで投資商品を購入することも可能です。

私の場合は、つみたてNISA制度を使いつつ積立投資を行い、購入資金に対して付与されたポイントも次の月の投資信託購入へ回すことで効率よく資産の積み上げを行っています。

楽天カード保有と楽天証券の口座開設が必要なため、楽天カードの申込、楽天証券の口座開設がまだという方は以下から申し込み(無料)をしてみてください。

楽天スーパーポイントがどんどんたまる

楽天銀行のハッピープログラムでポイントがたまる

楽天銀行のハッピーブログラムを通じて、投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイントの楽天スーパーポイントを獲得できます。

また、投資信託以外の株式などの取引を行う方は、取引に応じてポイントを獲得できる場合があります。詳しくは楽天銀行ハッピープログラムのページをご確認ください。

※楽天銀行と楽天証券を連携するマネーブリッジ設定とハッピープログラムの申し込みが必要です。

投信積立サービスでしっかりと資産形成

投信積立サービスとは、毎月決まった金額で投資信託を自動購入してくれるサービスです。

忙しくて毎回購入するのが面倒、忘れてしまうというような方は、投信積立サービスを使うことで、しっかりと資産を積み上げていくことができます。

楽天証券のデメリットは?

楽天証券のデメリットは、扱う本数が多いことにより初心者は何を選ぶか迷ってしまうことが考えられます。私も最初の頃は、数が多すぎて何を買えばよいか分からなかったことを覚えています。

しかし、これはある程度勉強をした方であればデメリットにはなりません。その他に目立ったデメリットはないと私は考えています。

初心者の方が投資信託を購入する場合は、信託報酬の低いインデックスファンドを選ぶことがおすすめです。初心者向けのインデックスファンドの選び方は、「【初心者向け】おすすめなインデックスファンドの選び方」にまとめていますので、初めてでよく分からない人は参考にしていただければと思います。

まとめ

クレジットカードで投資信託を購入できる楽天証券についてご紹介してきました。楽天証券は、とても使いやすい証券会社であるため利用の検討してみることをおすすめします。

  • 楽天証券では、楽天カードを使って投資信託の購入ができる
  • 楽天証券は取り扱い本数が業界屈指で、信託報酬最安値のインデックスファンド等も積極的に取り扱っている
  • 楽天スーパーポイントがどんどんたまり、楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入することもできる
  • 積立サービスでしっかりと資産の積み上げができる

本記事の記載内容は楽天証券の以下ページをもとに記載しています。

楽天証券の投資信託 魅力とメリット

楽天カードの申込、楽天証券の口座開設がまだという方は、以下から無料で申し込みができます。