美容

【バルクオム】脂性肌・混合肌の男性におすすめなスキンケア ~使用感から購入方法までご紹介~

バルクオム 混合肌 脂性肌 男性 おすすめ 使用感 購入方法
ホッシー

男性でもスキンケア、洗顔を気にする人が増えてきたように思います。私はよく顔がべたつく脂性肌・混合肌に入るようなタイプです。「バルクオム」というスキンケア用品の使用感がよかったので、バルクオムの使用感、購入方法などについてご紹介します。

バルクオム(BULK HOMME)とは?

バルクオム(BULK HOMME)は、スキンケア製品ブランドの一つです。バルク(BULK)は英語で「容器の中身」、オム(HOMME)はフランス語で「男性」を表します。

私は2017年頃に初回購入しました。以下のような洗顔料ケースやボトルで詰め替えて使っています。現在はパッケージがリニューアルされています。公式サイトで今のパッケージがどんな感じか確認できます。

BULK HOMME バルクオム ケース ボトル

バルクオムは、メディア掲載実績も多数あり、累計出荷本数も500万本突破(※2020年7月15日時点:公式サイトより引用)しているということで、多くの人に支持され使われています。

私は、顔がべたつく傾向があって気づいたら「顔がテカってる!」というような状態になってしまうことがよくありました。そんな私ですが、バルクオムを使用し始めてから顔がべたつく傾向が軽減されました。

私のように顔がよくべたついてしまう人におすすめのスキンケア用品である「バルクオム」の使用感から購入方法までご紹介したいと思います。

肌質の把握

スキンケアを考える場合には、自分の肌質がどのようになっているかについて把握する必要があります。まずは肌質の種類について簡単に整理しておきます。

肌質については、よく知っているという方は読み飛ばしてください。

肌の種類は大きく4種類

肌の種類には大きく以下の4種類と言われています。

  1. 普通肌(油分・水分のバランスが良い)
  2. 乾燥肌(油分・水分共に少ない)
  3. 脂性肌(油分・水分共に多い)
  4. 混合肌(油分多い、水分少ない)

普通肌が一番バランスの取れた肌です。乾燥肌や脂性肌はイメージがつくかなと思います。

知らない人がいるかもしれないと思うのは混合肌で、混合肌は、油分が多く、水分は少ないという肌です。

人間の肌には適度な油分が必要で、水分が少ないとそれを補おうとして油分を出します。バランスが良いと普通肌ですが、その調整がうまくできないと過剰に油分が生じてべたべたする混合肌になってしまいます。

脂性肌の人のよくある勘違い

脂性肌と思っている人は、実は混合肌であるということが多いようです。私も、以前までは脂性肌だと思い込んでいました。

しかし、洗顔後に乾くとしばらくカサカサした感じなのに、しばらくすると脂っぽくベタベタしてくるので、色々調べるうちに自分の肌は混合肌(水分少ない・油分多い)に近いのかなと気づくようになりました。

脂性肌だと思っていて実は混合肌という人は特に「顔の水分がなくなる→脂が出る→洗顔して必要以上に油を落とす→顔の水分がなくなる→・・・」という悪循環になっているケースが多いようです。私もその一人でした。

洗顔での考え方としては、以下のような点がポイントです。特に脂性肌・混合肌の人は、保湿をして過剰な皮脂を分泌させないようにすることが大事です。

  1. 汚れになってしまっている皮脂を洗顔でしっかりと落とす
  2. 汚れを落とした後に化粧水で水分補補給し、乳液でしっかりとフタをすることで保湿し、水分を逃がさないようにする
  3. 必要以上に洗顔しない(朝と夜で1回ずつのように一定回数で決める)

バルクオム(BULK HOMME)の使用感

洗顔について

バルクオムの洗顔料を人差し指の第一関節ぐらいとってネットにつけ、水をかけてワシャワシャとすると以下のような感じでクリーム状の泡ができます。

BULK HOMME バルクオム 泡立ち

公式サイトだともっと多くの泡を作っていますが、正直一回の洗顔であれば手のひらに収まるこのぐらいの量で充分です。私は人より顔が大きい方ですが、上記ぐらいで全然足ります。

手のひらを顔に直接触れないようにして泡で洗うイメージで洗顔します。泡に弾力があるので、手のひらを触れなくてもしっかり洗顔できます。

むしろ手のひらを顔に当ててしまうと摩擦で肌を痛めてしまいますので注意しましょう。

洗浄力の強い洗顔料で顔を洗うと水分や脂分が取れすぎて突っ張るような感じになることがありますが、バルクオムは顔が突っ張るようなことはなく、皮脂のべたべた感についてはしっかりととることができます。

化粧水・乳液について

スキンケアでは、順番としては洗顔料→化粧水→乳液の順番で使います。化粧水で水分を補給して、乳液で水分が蒸発しないようにフタをするという用途の違いが順番の理由です。

化粧水は大体500円玉ぐらいとって両手で少し温めてから、顔を手のひらで覆うような形で押し付けるようにして肌に浸透させます。何度か押し付けていると、手のひらがほっぺたに引っ付くような感じになってきます。このようになったら充分水分が肌に浸透し始めたサインです。

その後、乳液は適量を顔になじませるようにつけてください。

よく化粧水を肌にペチペチつけている人がいるかと思いますが、化粧水を肌に浸透させることを考えるとよろしくありません。じっくりと肌に浸透させるイメージで使ってみてください。

化粧水や乳液は、ものによっては付けた後にべたべたする感じが残って気持ち悪いものがあるのですが、バルクオムの化粧水・乳液は付けた後にべたべたするような感触は少ないというのが私の感想です。

ニキビなどの肌荒れに効果があるか

私はニキビなどの肌荒れをとてもしやすい方です。バルクオムがニキビに直接効くかと言えば、それは違うと考えています。そもそもバルクオムはニキビを治すことを目的とした製品ではないからです。

肌の汚れを落とし、しっかりと保湿するという肌の健康のサイクルができることによりニキビが改善される場合はあると思います。私の場合も、ニキビになる頻度が減りました。

ニキビがひどい場合は、まずプロアクティブ等のニキビ対策専用のスキンケア用品を試してみて、改善してきた後に肌を健康に保つ目的でバルクオムを使うというようにする方が適切であると考えます。

バルクオム(BULK HOMME)の購入方法

バルクオムは、こちらの公式サイトから購入することができます。

公式サイトで購入

公式サイトでの初回購入について、定期コースで購入すると以下のような大幅割引があります。肌に合わない場合は注文から23日間以内にお問い合わせ窓口に連絡すれば全額返金される保証制度がついています。

【初回購入】

  1. 洗顔料、化粧水、泡立てネット、化粧水用詰め替えボトルがセット5,600円(税別)→500円(税別)
  2. ①にプラスして乳液がついているセットが9,500円(税別)→2,380円(税別)

2回目以降は10%OFFになります。①は送料がかかる点に注意が必要です。1か月で使い切れない場合でも、お届け7営業日前までにお問い合わせ窓口へ連絡すればお届けを遅らせることができるので安心して継続できます。

【2回目以降】

  1. 洗顔料 +化粧水のみを10%OFFの4,500円 (税別)+送料500円(税別)
  2. 洗顔料 +化粧水+乳液のみを10%OFFの7,200円 (税別)、送料無料

どちらの場合も、2回目を受け取らずに定期購入を解約する場合にはキャンセル料が発生します。この点は理解したうえで購入を検討してください。

バルクオム 23日間全額返金保証

公式サイトより引用

まずは、定期コースの初回購入して、肌に合わず継続する意思がなくなった場合は、注文から23日以内に全額返金制度を利用して返金してもらうのがおすすめです。

※ 上記金額は記事更新時点(2021/3/12)の金額のため、変わっている可能性がある点、ご注意ください。

まとめ ~脂性肌・混合肌の男性に試してみてもらいたい~

バルクオムというスキンケア用品をご紹介しました。

私と同じような感じの肌(混合肌・脂性肌)の男性の方には、是非一度バルクオムを試してみていただきたいです。

私の肌質を踏まえた感想としてご紹介していますが、バルクオムは混合肌・脂性肌専用と言っているわけではありませんので、乾燥肌の方なども、もちろんお使いいただけると思います。

私の感想としておすすめさせていただいておりますが、スキンケア用品は肌に合う・合わないがありますので、一度試して肌に合わないと感じた場合は、使用は控えていただくようお願いします。

バルクオムは、ヘアケアシリーズも販売されています。興味がある方は見てみてください。

※本記事は、個人の感想をもとに記載しております。