資産運用

敗者のゲームに負けないために ~投資運用基本方針を決め確実に実行する~

敗者のゲーム インデックス投資
ホッシー

インデックス投資を実践するにあたって大事な考え方を教えてくれる書籍「敗者のゲーム」についてご紹介します。

敗者のゲームとは?

 今回はチャールズ・エリスさんが著者で鹿毛雄二さん訳の書籍「敗者のゲーム」についてまとめます。

 敗者のゲームと言われると何の?と思われるかもしれませんが、投資の本質について教えてくれる書籍です。

何が敗者のゲームなのか?

 「敗者のゲーム」とは、敗者の行動により勝敗が決まることを示しています。対義語は「勝者のゲーム」であり、こちらは勝者の行動により勝敗が決まります。

 本書では、テニスを例にとても分かりやすい例で説明してくれています。プロテニスプレーヤやトップアマチュアの選手がテニスをすると、いかに上手なサーブを打つか、ラリーでどれだけ素晴らしい打ち返しをするかで勝敗が決まります。つまり、勝者の行動により勝敗が決まります。

 一方で初心者がテニスをすると、サーブが入らない、打ち返してもネットにかかる等、大半はミスによる失点によって勝敗が決まります。つまり敗者の行動が勝敗を決めます。

 前者が「勝者のゲーム」、後者が「敗者のゲーム」です。投資の世界は敗者のゲームになってしまったと言われています。

投資の世界は敗者のゲーム

 投資家の中には機関投資家(金融機関などの大口投資家)と私のような個人投資家がいます。

 現在は、証券取引所の取引の大半は巨額の資金を持つ機関投資家によるものです。その機関投資家には、運用のプロと言われる賢い人たちが何人もいます。また、インターネット環境は発展してきたため必要な情報は瞬時にこれらのプロのもとに入ります。そんな世界では、ミスしないことが重要で、ミスした瞬間に勝敗が決まるような世界です。

 そんな世界で、個人投資家が太刀打ちできるでしょうか。私は正直無理だと感じました。私たちのもとに入ってくる耳寄りな情報程度は機関投資家にはあたりまえで、私たちに情報が入った時には既に手遅れのことがほとんどなのだろうと容易に想像ができます。では、そんな世界では個人投資家が全く勝てないのかというと、そうではないと本書は教えてくれます。

敗者のゲームに負けないためには

 では、敗者のゲームに負けないためにはどうするべきでしょうか。

投資基本方針をしっかりと決め確実に実行する

 本書を読んで私が大事と感じたのは「自分の運用基本方針を決めて着実に実行をする」ということです。

 自身の長期運用目的をしっかりと決めて資産配分を検討することが資産運用で一番最初にすることで、一番効果を生むと言われています。しかし、世の中の大半の人はコストがかかる割に効果がほとんどない、個別ファンドや個別銘柄の選択、売買の実行で勝とうとしてしまいます。

 銘柄選択よりも、資産配分やリスク許容度というものをしっかりと考えるようにして、暴落時があった際などでも落ち着いて対処できるようにしていきたいと思います。

コストは重要「インデックス投資がおすすめ」

 本書では、アクティブ・ファンドが市場平均にほとんど勝つことができてないという点について何度も記載がされています。また、投資において勝ち、勝ち続けるためにも最も簡単な方法はインデックス・ファンドを活用することだと言っています。

 投資の運用方法には、各種指標(日経平均やTOPIX等)と同じ成果を目指すインデックス運用と、各種指標を上回る成果を狙うアクティブ運用があります。インデックス運用を行うファンドをインデックス・ファンド、アクティブ運用を行うファンドをアクティブ・ファンドと言います。

 一般のアクティブ・ファンドでは信託報酬は年率で1~2%のようなものが多いです。一方でインデックス・ファンドについては信託報酬が0.1%程度のとても低コストなものもあります。このことを考慮すると、同じ利益が出たとしたらアクティブ・ファンドが不利なのは確実で、アクティブ・ファンドはインデックス運用の上を目指さないといけないわけです。しかし、過去が示してくれる実績としてはアクティブ運用のほとんどは長期的に見て市場平均に勝てていないとなったことを知れば、おのずと選択肢はインデックスファンドになってくるのではないでしょうか。

 私は、インデックス投資(インデックスファンドに対する積み立て投資)を中心にした長期の運用を資産運用の中心として考えて実行をしています。

まとめ

 書籍「敗者のゲーム」に関して感じたこと等について、まとめてみました。私はまだまだ投資関連の知識は未熟で勉強中のため、正直なところ細部説明を正確には理解しきれなかった部分がありました。ただ、自分が責任を持って考えるべきことについては感じ取ることができました。また、色々な知識を吸収した後に本書を読み返すと新たな発見がありそうな書籍であるため、折に触れて読み返すようにしたいと感じます。

 本書では、運用に関して理論的に説明してくれているページも多く、投資の本質やインデックス投資について勉強したい方にはとてもおすすめです。一度読んでみるのはいかがでしょうか。