経済的自由

経済的自由への考え方 “金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント”

経済的自由 金持ち父さん キャッシュフロー・クワドラント

ホッシー
ホッシー
“キャッシュフロー・クワドラント”という言葉をご存じでしょうか?私がキャッシュフロー・クワドラントに関して初めて知った書籍について感想を含めてご紹介します。

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

 皆さんはお金に対して何の不安もないような状態「経済的な自由」ということを考えたことはあるでしょうか。自由のためにはお金はいらないという人もいると思いますし、そういった考え方もありだとは思います。

 いずれにしても、自分が今、どういった状況にあるのかをしっかり理解する必要があると私は感じます。ロバート・キヨサキさん著、白根美保子さん訳の書籍「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」では、今の自分、そして今後について考えるために役に立つ本だと思います。

 本書を読んで私が重要だと感じた点などについてまとめてみたいと思います。

 この本の前著といえるのが、「金持ち父さん貧乏父さん」です。お金の基本、そして、ファイナンシャル・インテリジェンスの重要性について学べる本です。こちらの本を読んでからキャッシュフロー・クワドラントの本を読むとより分かりやすいです。

キャッシュフロークワドラントとは?

 キャッシュフロークワドラントとは、お金の流れ(キャッシュフロー)に関して円を4つ(クワドラント)に分割して分けて表現したもので、世の中の人は 以下の一つもしくは複数のクワドラントに属していると言われます。

  • E(Employee):従業員
  • S(Self-employed):自営業者
  • B(Business owner):ビジネスオーナー
  • I(Investor):投資家
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

 これらは大きく左側(E、S)と右側(B、I)で分けて考えることができます。左側は、自分の労働に対する対価としてお金を得るクワドラントで、右側は、自分が働かなくても他人やお金に働いてもらって収入を得るクワドラントです。

 世の中のお金持ちと呼ばれる人たちは、右側の範囲に属する人たちです。左側の範囲に属しつつ、右側の領域に属する人(例えば、会社員かつ投資をしている人等)もいます。

 本書では、各クワドラントの本質的な違いについて説明されています。また、EやSに属する人がBへ、そしてIへ移るための考え方や方法について説明されています。また、それを実現するためにはファイナンシャル・インテリジェンスを向上させることがとても重要なことが分かってきます。

私が感じたこと

自分の位置と各クワドラントの理解が重要

 本書は、BやIに移るための考え方や方法について説明してくれていますが、BやIに必ずなれとは言っていません。各クワドラントの特徴を理解し、自分がどのクワドラントに今いるのか、そして今後どのクワドラントに行きたいのかを選択することが重要ということが分かります。

 本書を読むと、各クワドラントの資産や負債に考え方、税金に対する考え方、話し方、言葉の違い等が分かります。

 私も、今まで自分がどういった領域に属しているかなど考えたこともありませんでしたし、他の領域の人たちがどういった世の中の見方をしているのかを知りませんでした。それを知るだけでも本書を読んだ価値がありました。

現状の自分は?

 今の自分について考えてみると私はごく平凡なサラリーマンなので、E(Employee:従業員)にしっかり属しています。

 このブログを通じつつインデックス投資等について学び、資産運用を始めているため、Eに属しながらもI(Investor:投資家)について少しだけ足を入れ始めたという状況かなと感じます。

投資家としての5つのレベル

 本書では、投資家について5つのレベルで表現されています。

  • 投資家レベル1:ファイナンシャル教育ゼロの人
  • 投資家レベル2:お金をためて損をする人
  • 投資家レベル3:「その暇がない」という人
  • 投資家レベル4:「私はプロだ」という人
  • 投資家レベル5:資本家レベルの人

 ざっと説明すると1は投資するものを何も持っていない人、2は貯金が大事だと思っている人、3は投資を学ぶ時間がないからと投資信託等の他人にお金を預ける人、4はSに属しつつ自分のお金でIで投資をする人、5は世界で最も裕福な資本家たちで4からさらにファイナンシャル教育経て、Bで得たお金を用いてIで投資する人です。

 その中でいうと、私は投資の勉強をしてはいるものの3のレベルかなと思います。自分の立ち位置を理解しておくのは今後の勉強をしていくうえでも重要かなと思いました。

将来になりたい自分は?

 本書のBやIへなるための考え方、方法についてはとても参考になるものがありましたが、正直私は世界で最も裕福な人のレベルでのお金が欲しいとは思ったことはありません。

 しかし、以前FIREムーブメントについて記載したLean FIREのように贅沢はしなくとも金銭的に不安がないようなレベルでは経済的自由について、今後も考えていきたいと思います。

 そのためにも、自分のファイナンシャル・インテリジェンスを向上させる勉強等の努力はしていきたいです。

まとめ

 本書で教えてくれるのは以下のような内容です。

  • 世の中にはE(従業員)・S(自営業者)・B(ビジネスオーナー)・I(投資家)の4つのクワドラントがあること
  • 人々は一つまたは複数のクワドラントに属しており、それぞれのクワドラントの人で考え方などの特徴が異なること
  • BやIになるための考え方や方法
  • ビジネスインテリジェンスの重要性

 皆さんは今どこのクワドラントに属しているでしょうか。そして、今後どのクワドラントに属していきたいでしょうか。

 自分の今後について考えるうえでも、本書を一度読んでみるのは価値があるのではないかと私は思います。